初心運転者講習

Posted on

 初心運転者は、運転経験が浅く、危険予測等の判断が適切に行なえないなど事故率が高いため、その危険性を早期に排除するために実施する講習です。
 準中型・普通一種・大型二輪・普通二輪・原付免許を取得した者は、免許の種類ごとに免許取得後の1年間を初心運転期間とし、この間、違反点数が3点以上(1回で3点は除く)に達した者は、初心運転者講習を受けることができます。
 この講習を受けなかった者は、再試験該当者となり、学科試験及び技能試験を受けることになり、不合格の場合は当該免許が取り消されます。原付免許の再試験は、学科試験のみです。