「年末の交通事故防止県民運動」が実施されます。

年末は、日没時間が年間を通じて最も早く、夕暮れ時から夜間にかけての交通事故の多発が懸念されるほか、忘年会など飲酒する機会が増え、飲酒運転による事故の発生も危惧されます。
このため、県民一人ひとりに広く交通安全思想の普及・浸透を図り、交通ルールの遵守と交通マナーの実践を習慣づけることにより、交通事故防止の徹底を図ることが目的です。

image2015
平成27年度交通安全ポスター作品コンクール
茨城県知事賞 池田将馬さんの作品

■ 期   間  12月1日(火)~12月31日(木)
■ スローガン  「反射材 あなたの未来を 照らしてる」

■ 運動の重点

  • 子供と高齢者の交通事故防止
  • 夕暮れ時と夜間の交通事故防止
  • 飲酒運転の根絶

「秋の全国交通安全運動」が実施されます。

通学中の児童が死傷する交通事故が発生するなど、依然として道路において子供が危険にさらされていること、また、高齢者の交通事故死者数が交通事故死者数全体の半数以上を占め、その減少が強く求められていることから、これらの交通事故情勢に的確に対処するため、「子供と高齢者の交通事故防止」を運動の基本とする「秋の全国交通安全運動」が実施されます。

■ 期   間  9月21日(月)~9月30日(水)

■ スローガン  「日暮れ時 キラリと光る反射材」 (茨城県版)

■ 運動の基本  子供と高齢者の交通事故防止

■ 運動の重点 

  • 夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止(特に、反射材用品等の着用の推進及び自転車前照灯の点灯の徹底)
  • 後部座席を含めた全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
  • 飲酒運転の根絶